みんなの借金体験談

債務整理って何?種類やメリット・デメリット、手続きの流れ


世の中、一人じゃ生きていけません。それは、借金をしていたらもっとそう感じるかもしれません。借金が多すぎて、もうだめだーと思ったとき、どうしても耐えられなくなったとき、まずは、身近な誰かに頼りましょう。知らない誰かでもいいです、弱音を吐きましょう。

それでも解決しない、追い詰められている場合は、専門家に相談しましょう。借金を整理して、計画的に返済したり、減額してもらったり、あるいはリセットしてもらえます。それが債務整理です。初回相談料は、無料のところが多いですし、メールで相談できるところもたくさんあります。

借金を整理する方法、債務整理は、いくつかの方法があります。いきなり弁護士に相談となるとちょっと緊張するかもしれませんが、相談前に債務整理ってこんなことするんだ、自分だったら、これになるかなっという簡単な知識を頭に入れておいて相談すると、不安もなくなるはずです。

それでは、簡単にまとめていきます。

債務整理-①任意整理

弁護士が借金先と話し合って、借金を整理する方法です。これからも借金を返済していくというものです。

【メリット】
1.借金先からの請求、取り立てがストップする。
2.月々の返済額を下げることができる。
3.借金の総額を減らすことができる。
4.支払いすぎた借金が還ってくることがある。
(CMでおなじみの過払い金があるかもしれない。まずは相談してってやつです。)
5.利息を減らすことができることがある。
6.裁判所が関わらないので、お金、書類提出、時間などの負担が少なくてすむ。
7.任意整理中は、どんな仕事でも就ける。

【デメリット】
1.5年~7年程度、新たに借金することはできない。クレジットカードも作れない。
2.借金先が弁護士の交渉に応じない場合は、借金額があまり減らないことがある。

【手続きの流れ】
1.相談後、弁護士が借金先に通知書を送付

2.借金先が、今までの取引履歴を教えてくれる。

3.弁護士が正しい借金額を計算
⇓※ここで過払い金が発生しているかもわかる
4.弁護士が借金先と交渉。交渉成立したら、和解書を作成。
⇓※過払い金も返還される。
5.返済していく。

    • 借金返済って半分が利息のようなもの。もし、利息が減額できるのであれば、かなり気持ちに余裕が生まれ、希望がもてる気がします。

債務整理-②自己破産

返済しきれない借金をかかえ、自分の財産をお金に換え、それで支払った残りの借金は、裁判所に免除してもらう。借金返済が不可能、返済していかないというものです

【メリット】
1.借金先からの請求、取り立てがストップする。
2.今までの借金をゼロにすることができ、借金苦の生活をリセットし、新たな生活を築いていける。

【デメリット】
1.大きな価値のある財産、例えば家や車、金、証券などは手放さなければならない。
2.破産手続き中は、就けない仕事がある。(保険外交員、警備員など)
3.裁判所の手続き書類がたくさんあり、長期間かかる。

【手続きの流れ】
1.依頼~申し立て (3か月~半年かかる)

2.破産手続き (4~6ヶ月かかる)

3.免責決定(支払わなくてもいいことが決定)

    • 財産を手放すのは、つらいけれど、精神的開放は意味あると思います。長い闘いになるのは、確かですが、こういう手立てもあるのは、救いですね。

債務整理-③個人再生(民事再生ともいう)

①借金の総額が5,000万以下(住宅ローンは除く)
②安定した収入が見込める
この条件を満たしている人のみが、裁判所に一部返済を免除してもらい、原則3年以内に借金を計画的に返済していく。

【メリット】
1.借金先からの請求、取り立てがストップする。
2.家は確保できる。
3.弁護士に依頼し、再生計画の承認が下りるまでは、返済をしなくてもよい。
4.どんな仕事にでも就ける。

【デメリット】
1.裁判所が絡んでくるので、長期に及ぶ、手続きも大変になる。

【手続きの流れ】
1.3年での返済計画を立てる

2.裁判所に提出、承認してもらう

3.計画に沿って返済(3年返済すれば、借金返済を免責することができる)

    • 家は、夢であったり、代々継承されているものであったり、どうしても手放したくないという人にとってはいいですね。

債務整理は、自分がこれから借金に対してどう向き合っていくか(払っていくのか、払えないのか)で道が決まってくると思いました。ただ、これもやはり無料でやってもらえるわけでなく、費用が発生してきます。借金があるのに、さらにお金を使わなければならないなんて・・。

費用も調べたのですが、基本は、着手金、報酬金に手数料。そして、裁判所を使用する自己破産や個人再生は、予納金というもの発生します。ただその価格は、弁護士、司法書士事務所によってまちまち。しかし、法テラス制度を利用すれば、安く抑えられたり、分割払いもできたりするようです。

自分ひとりで借金と向き合っていると、借金を重ねてしまったり、思い詰めて病気になってしまったりと間違った方向へと進んでしまう場合があります。自分はどの方法で借金を返済していくのがあっているのか、餅は餅屋、専門家からアドバイスをもらうことで気持ちが楽になったり、またがんばろうと明日につながっていったりするかもしれません。

債務整理をするかしないかは相談してから決めればいいこと。初回相談無料のところを探して、聞いてみるとちょっと気持ちが楽になるかもしれません。

こぼれ話

債務整理していてもスマホ契約できるの?

今日は、もし、債務整理生活が始まったら、今まで日本人で日本にいたら当たり前にできることができなくなることがあるのかについて調べてみようと思います。債務整理をしたことがないわたしからすると、本当に「債務整理をすべきなのか。」なるべくなら債務整理をしないで乗り切りたい。そういう思いがやっぱり強くあるので、踏み込むことに躊躇してしまいます。債務整理をしたらどんなことができてどんなことができないのか。まとめたいと思います。今回は、職場の顧問弁護士まるお先生に質問し、回答をいただきました。

    • まるお先生。債務整理が始まったら、新しくスマホの契約はできるのでしょうか。

    • 債務整理でも大きく分けて、任意整理と自己破産があるよね。簡単にいうと、任意整理では、「これからも支払っていきます。」という支払い意思があるけれど、一方、自己破産は、「もう払っていけません。」支払う意思がないと言えるよね。そこが大きな分かれ目になるんだよ。

①任意整理
任意で、返済額を減らしたり、分割にしてもらったりということを、債権者と交渉している=返済意思がある=借金棒引きにしたいわけではない。よって、新しく借金(スマホやカード契約)しても返す気がないわけではない=新たな契約可能

②自己破産
「破産します」と本人に意思があり、弁護士が受任通知を出した以降は、破産=今後借金ができなくなるし、返すことができなくなる(すべての借金をチャラにしてもらう)ことが決まっている(本人も自覚している)→にも関わらず返す気のない借金をすることは「詐欺」になるので、新たに契約することは「詐欺行為」にあたる。それが悪質と認められた場合は、破産自体が認められなくなる。

    • なるほど、任意整理と自己破産ってやっぱり重みが全然違うんですね。スマホだけじゃなくて、新たに契約しようとするときは、この考え方を念頭において判断するとわかりやすいですね。勉強になりました。