みんなの借金体験談

【夫のやりくり】夢のマイホームのために小遣いは2万5千円


私の職業は不動産の営業マン、27歳である。今現在の私の月のお小遣いは、月に25000円である。もちろんこれはお小遣いなので、お昼ご飯は含まない。昼食は、優しい奥さんの手作り弁当である。

私の最初の小遣いの額は実は4万円だったのだが、人の一生に一度の買い物ともいわれる戸建てを買うのが最終の目的なので、削れるところから削ろうという結論になり、もちろんゆくゆくは子宝にも恵まれたいというのもあり4万円から3万円と下がっていき、今は25000円に。だいぶ落ち着きなれている。

我慢できるものとできないものの区別をつける。

私の日々の小遣いの使い道は、毎日のルーティンでもある毎朝必ず飲まなきゃやっていけないセブンイレブンのコーヒーからはじまる。毎日買うので月に3100円もの出費になるのだがこれは必要経費、仕方がないと割り切っている。

あとは月に大体たばこを一箱買っているのだが、これが一番無駄な出費だと私は思っているし自覚もしている。これでもかなり健康面も意識して本数を減らしたほうでもある。以前は週に1箱のペースであったのだから大した成長だと自負している。

さて残りのお金の使い道はとなると、これは決まってはいないのだが、服が好きというのもあって不定期で古着屋にふらふらとはいることがしばしばある。毎月買うのではないのだがパッと目が引く商品があれば買ってしまうのだが、決めているルールでは3000円以下にしているので1回で小遣いが減るということはない。

また私の趣味はバイクが趣味であるのだが私が乗っているバイクはかなり燃費が悪い大型のバイクで、なおかつハイオクなのである。一度走りに行くとなると2000~3000円が燃料代として消えていき、加えてツーリング先のグルメで約1000円かかっている。そうなると1回で約4000円ほどの痛い出費となっている。

大体はこんなかんじでお小遣いを使っているのだが、あとは休日のお酒代に400円ほど。余りそうなら友人との飲み代として使っている。

使いすぎたときは、副業で貯めたお金で補充。

しかし、毎月こんなに安定するかと思えばそんなことはない。もちろん誘惑にまけて『今月厳しい』と思うことは多々ある。私自身は結構衝動買いもするし、貯金も苦手で誘惑に惑わされやすい性格でもある。

だから、そんなピンチの時には、ランサーズなどのライティングで小銭を稼いだり、アンケートサイトで毎日のちょっとした空き時間を使ってアンケートに答えたりして、小銭を貯めておいたり、日々ためていたサイトでのポイントを清算して小遣いにまわしたりしている。

【夫のお小遣いの使い道】
・コンビニコーヒー
・たばこ
・古着
・バイク
・飲み代

【節約】
・コツコツ副業をする
・古着は、3000円以下のものしか買わない

    • お昼代が込みじゃないと趣味までお金が使えてずいぶんと自由がきく気がしました。これも、奥さんが頑張る手作り弁当のおかげですよね。また、自分で譲れるものと譲れないものをしっかり決めたり、自分の性格を分析して、物を買うときのルールを設けたり。とても大切なことだと思いました。副業は大きなプラスにはならないかもしれないけど、毎月のちょっと出たものを救ってくれる強い味方ですね。そういう小さなお金が心の余裕につながるのかも。