みんなの借金体験談

【メンズエステ】ぬるま湯脱毛物語

30代前半、会社員、男性です。10年ほど前、まだ僕が実家に住んでいた時にメンズエステで借金をしてしまった経緯をお話させていただきます。

体毛は薄い方ですがヒゲがどうしても嫌で、かねてからヒゲ脱毛をしたいと強く思っていました。大学卒業後、一旦は本州で就職するも退職し、再独立と次の就職先探しのために、アルバイトをしながら実家で生活していました。

実家暮らしの甘えからエステに踏み切り借金を作りました。

そんなある日、国内でも大きい方の都市であり、街に出ればエステサロンの看板はいくらでもあるような繁華街で、とあるヒゲ脱毛に関するメンズエステの看板を見つけました。

口元、あごの数十時間分の施術で12万円。当時は就職していた時に貯めたお金がいくらかあり、何よりも実家暮らしだったことが甘えとなり、クレジットカードの分割払いで契約してしまいました。

支払いは月々7000円ほど、実家には仕事に行って来ると伝え、密かにヒゲ脱毛に通っていました。この時の生活に関しては、元々派手にお金を遣わないたちであり、贅沢をしたい願望もないため、エステ契約前と特に変わりはありませんでしたが、考えていたことはとにかく親にバレないように最新の注意を払おう、これに尽きました(汗)

ポーカーフェイスが苦手な僕ですが、この時ばかりは人生最大の役者気取りだったかも知れません。エステに行った日は帰り道で冷や汗をひたすら流しましたが、元々汗っかきでしかも暑い季節だったので何とかごまかしたつもり、でしょう、きっと。

口元のヒゲ脱毛がほぼ完了し、次はあごヒゲの脱毛を進めているところ、施術時間が切れそうになってしまったため、更に数十時間分、追加での契約をしてしまい、+12万のローンとなりました。

ヒゲ脱毛は一生ものとはいえ、良く言えば思い切った、悪く言えば本当に親のすねかじり野郎でした。(もちろん、脱毛のお金は自分の貯金とバイト代で賄ってはいました。)

就活中の身でエステが親にバレ、借金を猛反省。

そんな衣食住が保証された中でのぬるま湯脱毛に通うこと1年、どのような経緯でバレたのかは今でも謎ですが、家にいる時に親からいきなり「アンタ借金してんじゃないの?!」あまりの唐突さに動揺を隠せず、何度かしらばっくれたものの時既に遅く、とうとう白状しメンズエステに通っていることを自白しました。

就職活動はしていたものの、生活費を保証しているのにアルバイトのお金をエステに遣うなど、親でなくても怒り心頭ですよね。怒鳴りつけるようなことはされませんでしたが、こっぴどく叱りに叱られ、あの日契約した自分の愚かさを痛感しました。

大反省した僕は実家に住まわせてもらいながらも自力でローンを完済し、就職先も見つかって数年勤務し独立資金を貯め、市内のアパートを借りて一人暮らしを始めるに至りました。

実家に居ながら高額ローンを内緒で組むという暴挙に出たものの、この時に追い出されなかったことは今考えても奇跡です。

返済の目処が立たない借金は、周囲の信用も失いかねない。

借金が悪いこととは決して言いませんが、返済の目処が立たないままに一時の気持ちで決めてしまうと、その後数年間を我慢に費やしてしまうばかりか、周囲の信用も失いかねません。

人は自分で頭を打たないと気づかない生き物です、僕のように頭を打ったことを後悔している方、現在も返済に追われている方、苦しみは十分骨身に染みたはずです。ただ、人生何とかなります。一時の恥、プライドを捨てれば。

この苦しみ、後悔は二度としたくないと思えたことは、借金を乗り越える大きな力になります。あなたのこれからに、幸あれ。