みんなの借金体験談

【奨学金】奨学金の返済は自信を持って!

30代の専業主婦です。借金と言えるかわかりませんが、学生の時に奨学金を借りていました。奨学金と言えば、自分の人生のための投資だと考える人思いますが、やはり人によっては奨学金も借金にあるという考え方が強く、特に奨学金の返済が残っている場合は結婚にも影響が出るというケースが増えているようです。

私は大学院の時に奨学金を借りました。理由は父親に頼ることなく大学に通いたかったからです。学部生の時には父親が学費を助けてくれましたが、やはり大学院は自分でなんとかしたいと思ったのです。また、大学院の在学中に父親が定年する予定もありましたので、なおさら父親には頼らないで頑張ろうと思っていました。

学業+アルバイト3つ掛け持ち

まず気をつけていた事は、奨学金はあくまでも念のためであり、出来る限り奨学金を使わなくても学費が支払えるようにしたことです。当時、大学のTAとしてアルバイトをしていましたし、県内の高校で非常勤講師としても働いていました。家庭教師もしましたので、一時期は大学院生という学生の身分以外に、TA、非常勤講師、家庭教師、と3つの仕事を掛け持ちしていました。奨学金を返済する前から、いざ奨学金を返済するとなっても特に大きな負担がないようにお金を貯めていました。

貯金は出費の強い味方

奨学金を返済していた時は、やはり早く返済するために出来る限りお金を貯めようとしていました。どうしてもその月その月返済する金額を貯めるだけで精一杯、となってしまうのではないかと思ったので、何カ月も先の分を貯金するという気持ちを忘れず、返済しました。何ヶ月も先の分を貯金すると考えていれば、仮に臨時出費があってうまく貯金ができなかったとしても、特に心配する必要がありません。翌月努力をすればプラマイゼロになります。

奨学金で自己破産をする、奨学金で債務整理をする、などという人は決して少なくありません。最近は不況により、大学に通い始めた時から奨学金を借りてしまって最終的に奨学金の額が何百万にもなってしまうという事は決して珍しくないのです。もしも今、奨学金の返済につまずいている人がいたら、可能であれば奨学金を貸してくれている学生支援機構などに相談し、返済期間を延ばしてもらうということもアリでしょう。そして簡単に「自己破産すればいいや」などと考えないことも大切です。特に自己破産は財産を失いますが、自己破産をした時点で借金が帳消しになります。そのため、いざとなったら自己破産、と安易に考えている人もいないわけではありません。しかしその考えは改める必要があります。

奨学金というのは将来のための投資です。確かに返済は長きに渡るため大変ですが、自信を持って返済していきましょう!