みんなの借金体験談

【過払い金請求で解決】ついつい限度額まで借りてしまう借金の誘惑

私は現在40代で、自営業をしている男性です。これからお話するのは30歳前後の頃に背負ってしまった借金の話です。

最初に借金をしようと思ったのは、パソコンを買うためでした。なぜパソコンだったかというと、当時は正社員ではなくアルバイトで生計を立てていたため、パソコンの勉強をして就職に役立てようと思っていたからです。パソコンの値段は10万円ぐらいだったので、それぐらい借りられればいいと思って消費者金融に申し込みました。

普通だったら信販会社のローンにでも申し込んだ方がいいのですが、私の場合は過去に信販会社を利用したときに返済を滞納したことがあり、残念ながら利用出来なかったため、消費者金融を利用しました。それで、実際に消費者金融に申し込んだところ、限度額は50万円付けてもらえたので、パソコンは無事に購入することができました。
 

ちょっとずつの借金が気づけば膨大に

しかし問題なのはその後のことで、パソコン代の10万円で借金をやめておけばいいのに、ついついそれ以上の借金を抱えてしまうという状況に陥ってしまいました。当時はアルバイトの少ない収入でギリギリの生活をしていたため、生活費が足りなくなるたびにちょっとずつ借金を重ねていったというわけです。

消費者金融のカードを使うとATMで簡単にお金が借りられるため、借金をしているという感覚が薄れていったのだと思います。その結果、3年ぐらいで限度額の50万円まで借金が増えてしまい、月々の返済も大変になってしまいました。そして、借金を何年もしている人によくある、毎月利子だけを支払うことしか出来なくなるという状況に陥ってしまったのです。

借金生活は、自由を奪われているような感覚。借金を返す早めの決断と行動を。

パソコンの勉強の方はどうなったのかというと、ネット回線の料金が支払えなくなったため、1年もしないうちに辞めてしまい、結局借金だけが残るという最悪な結果になってしまいました。

借金を抱えていたときの生活は、絶対滞納しないようにしなければという気持ちが常に心のどこかにひっかかっている感じで、何か自由を奪われているような感覚でした。なので、テレビで消費者金融のCMを見るだけでも、とても憂うつな気分になりました。

私の場合、いわゆる過払い金請求というもので借金問題は解決したのですが、返ってきたお金は3万円程度であり、実際の過払い分から見ると10分の1程度の金額でした。それでも、借金が解決出来ただけでとても救われた気分になったことをよく覚えています。

現在借金をしている方に言いたいのは、できるだけ早めに借金を解決するための決断や行動をするということです。いつまでも借金を抱えていても、憂うつな日々が続くだけですし、借金を解決する手段は必ずあるので、後は勇気をもって行動するだけです。