みんなの借金体験談

【ギャンブルで借金】カードローン、もちろん奥さんには内緒です。

47歳・会社員です。独身が長く、自分の稼ぎは自分で全て使えるのが普通でした。それが結婚してみて、お小遣い制になり、月3万円の小遣いで間に合うはずがないんです。浪費癖が染み付いてしまってますからね。一番いけないのがギャンブル癖ですね。これが借金するきっかけになりましたし、何年も返済に苦労する事態を招きました。

ギャンブルにはまるのは、「結婚しても自由なお金が欲しい!」

結婚する際に、これからは今までのように自由に使えなくなることは想定していて、あらかじめヘソクリとして、50万円ほど残しておいたんです。さすがに、それだけあれば困ることはないだろうと・・・。甘かったですね。ほんの半年ほどで使い果たし、ギャンブルをするための金策をするようになりました。

最初のうちは、自分のコレクション等、売れそうなものをオークションなどで売って、お金は作れていましたが、売りつくしてしまうと、もう借りるしかなくなってしまいました。そのために、わざわざ消費者金融で借りたのではなく、カードローンがあったんです。銀行で口座を作ったときに、行員さんに勧められて付けたのですが、いままでは、そのお世話になることがなかったので、使わずにいました。

初めて借りたときは罪悪感がありましたが、2度3度と繰り返すうちに当たり前になっていって、気が付くと、50万の限度額いっぱいになってました。小遣いの3万円から、少しずつ返済に充てていけば、そのうち完済できるだろうと甘い考えでしたが、少し返済すると、また借りてしまうという悪癖もあって、何年経っても、元金が減らないという事態になってました。

カードローンは、金利が安いもの、月々の返済が決まったものがよい

それを打開すべく、まず私がしたことは、借り換えです。カードローンでは金利が高いですから、少しでも安いものにしました。それと、通常の月いくら返済というローンにすることで、カードローンのように、枠ができたらまた借りるということができなくなります。ということは、減るだけになる。一石二鳥になりますしね。借りなければ一石も二鳥も何も無いことではありましたが。銀行に、いつ郵便物を送るのか執拗に確認したり、先回りして郵便を受け取ったり、妻にバレないように、少し苦労はしましたが、今のところ、順調に減っています。

「ギャンブルしないことが普通の生活」そう思えればもう大丈夫

やはり、借金をするということは、もっている以上にお金を使うということで、それの原因というのは必ずあるんです。それをどう排除するかが大事ですよね。私の場合は、使えるお金がなくなって、借りることもできなくなったので、ギャンブルもできなくなってしまい、しばらくはソワソワイライラがありましたが、しばらくすると、それが当たり前になってしまいました。

もう借金は完済しましたが、ギャンブルはしていませんね。それを当たり前だと思えるように何かすることは大事だと思います。私のように、依存の場合は、自助グループ等もありますから、それに参加するのも良いかと思います。現時点で借金があったとしても、返していけば、いつかは0になりますから、その先にある、本来の生活を希望にして、がんばっていきましょう。

【カードローン】金融機関からの勧誘には要注意