みんなの借金体験談

【飲み会大好き】止まらない借金


借金に思い切りハマっていた時のことを考えると今でも複雑な思いに苛まれてしまいます。本当に借金生活は苦しいものですから気をつけてください。よく「借金なんか大したことない」と豪語する人がいますが、くれぐれも参考にしない方が身のためです。私は都内の事務機器メーカーに勤務する男性です。年収はおよそ400万円ほどありますので、決して苦しいものではありませんが、外でアルコールを飲むのが好きなため、金欠状態に陥りやすい傾向があります。

飲み会費用捻出のため、消費者金融からキャッシング。あまりの簡単さにびっくり!

ひと月の半分程度は飲みに行くため、貯金をすることもできずにいます。借金を抱えることになったきっかけも給料日前に飲み会に誘われてしまい、断りきれなかったのです。私は、どうしても飲み会に参加したいため、ネット上でお金を直ぐに貸してくれる金融業者を検索。「即日キャッシング」で探すと,かなりたくさんの金融業者が表示されました。消費者金融やクレジットカード会社、銀行など、よりどりみどりの状況になんとなく違和感を覚えたのも事実。そんな中から私は大手メガバンク系列の消費者金融を選択しました。

消費者金融が会社まで督促。司法書士への相談は、借金解決策のひとつ

確かに申し込みから実際に手もとにお金が来るまで、あっという間でしたので大助かり。最初は20万円ほどで止めるつもりでしたが、消費者金融の営業担当者の甘い誘惑もあり、最高で150万円近くまでに借金が膨れ上がったのです。よせばいいのに、飲み会がドンドンとエスカレートしてしまい、スナックやガールズバーにまで繰り出すようになってしまう始末。私はある時、返済を忘れてしまい、会社にまで督促の電話がかかってきました。個人名とはいえども、上司からは目をつけられることに。

司法書士に相談。任意整理で解決

そのことが契機となり、懇意にしている司法書士に相談し、任意整理に持ち込みました。司法書士が間に入ることで、消費者金融業者とのやりとりは一切することなく、完済への道筋をつけることができました。当然ながら、司法書士への報酬は支払うことになりますが、安心感が全く異なります。現在、借金生活に悩んでいる人は、とにかく返すことに専念することをお勧めします。枠が空いたからといって、枠内利用をすることは極力控えた方が良いといえるでしょう。他の金融業者から借りて返すなどということはもってのほかではないでしょうか。金融業者への返済金には、高い利息や手数料が含まれていることを忘れないでください。私の場合は、一社だけでも司法書士に相談しましたが、それも一つの解決策として参考にしてください。

【飲み代が足りない!】消費者金融は、私たちの生活に密着