みんなの借金体験談

【ギャンブル】20歳で借金100万円!返済は彼女と二人三脚

私は今年で26歳になる男性会社員です。今からお話する内容は、私が20歳の頃にギャンブルにハマって消費者金融からお金をお借りしてしまった時の話です。

当時私は、ギャンブルをあまりしないタイプだったのですが、ある日仕事の先輩にパチンコ屋に連れていかれて無理やりスロットを打たされました。その時打った台は、初心者でも簡単に打てるジャグラーでした。先輩に1万円を持たされジャグラーを打ってみると大当たりの連発でした。

最終的には投資4000円で回収が50000円でした。先輩には勝ったお金の半分ほど渡しましたがそれでも25000円も貰えたことに喜びを感じてしまい、私はギャンブルにハマる第一歩を踏み出してしまいました。

ギャンブルに歯止めがきかなくなり、消費者金融4社から借金

初めてギャンブルをしたその日の夜。興奮して自宅に帰った私はひとり、実はこんなことを思ってしまったのです。「先輩のお金で遊んだから勝ったお金の半分持っていかれるのは当たり前だけど、これが自分のお金だったら勝ったお金全部貰えてたんだ。」

そして、その次の日から毎日のようにパチンコ屋に行ってしまいました。もちろん毎日勝てるわけもなく、すぐにお金が底をつきました。そして、お金に困ってしまい消費者金融に手を出し、4社から計100万円を借りる事になりました。

でも、さらにそのお金もギャンブルに消えていき、最終的には周りの人間達も離れていってしまいました。

一人で返済できないときは、信頼する人の助けを借りる

ある日、自宅に消費者金融から督促状が届いており、本格的に借金を返さなくてはいけないとその時に思いました。そこで私は当時お付き合いしていた彼女にお金の管理を任せたのです。

その彼女はお金に関しては物凄くシビアで任せていても安心できる存在でした。情けない話ではありますが、そうでもしないと自分は借金を返せないと思ったからです。1日に使えるお金を設定し、お金に関する事は全て任せていました。

おかげで早めに借金を返すことができたので今では感謝してます。とにかく当時の私は、自分1人では絶対にできないと思い、今回のやり方で返済ができてよかったと思ってます。

現在借金で悩まれている方、借金はいつか必ずなんとかなります。でも、その為には何か変わらないと駄目だと思います。私の場合は周りの力を借りて助けられましたが、そういう訳にはいかない場合もあると思います。

でも、何か変えないと借金の額も変わらないです。むしろ利息分とかで増えていってしまいます。借金のせいで大切な人を失ってしまう悲しみをこれ以上味わない為にも一生懸命考えてみましょう。今は辛くてもいつか明るい未来がきっと来るはずなので、それを信じて生きていきましょう。

【パチンコ、パチスロ】やってはいけない返済方法